たのしい教師生活

高校教員4年目、地歴公民科担当。「たのしい」教師生活にするべく日々奮闘中。

3月のもろもろ

3月1日、卒業式だった。

泣くまい泣くまいと思ったが、最後のホームルームで話し始めたらもうダメだった。

3年間という月日は、重かった。

 

3月6日、国公立大を受験した生徒の合格発表だった。

合格していた。

「一本釣り」をした生徒で、最後はマンツーマンで講習をやった。

塾講師時代を思い出しながら、国語以外の全教科を教えた。

たぶん生徒は私のことを嫌いになっただろうが(苦笑)、合格しさえすればそれでいい。彼のこれからの人生に、私はいないのだから。

大学で、大いに羽ばたいてほしい。

 

昨日からは高校入試。学力検査、面接、採点と続く。