たのしい教師生活

高校教員4年目、地歴公民科担当。「たのしい」教師生活にするべく日々奮闘中。

授業見学

今日は、地理の授業と現代社会の授業を見学される先生がいた。
「話が上手になった、間の取り方もうまい、ここまで出来るなら次は生徒全員をどう巻き込んでいくか考えていくとよい」「プロジェクターによる資料の提示など、非常に工夫されているしわかりやすい」…批判は差し控えようというところがあったとしても、このように言っていただければ「やっててよかった」と思える。たいへんありがたい感想をいただいた。
一斉授業の腕も磨きつつ、いろんな形態の学習にチャレンジしていくのが、これからの形になる予感がしている。

いずれにしても、黒板にプロジェクターで投影することで視線の移動が少なくて済み、生徒の集中力が増しているのはたしかなようだ。