たのしい教師生活

高校教員4年目、地歴公民科担当。「たのしい」教師生活にするべく日々奮闘中。

あっという間に

あっという間に10月が過ぎ去ってしまった。

 

明日は出張に出かけた分の授業の穴埋めで6時間中5時間。日本史Aは「日露戦争」をやるのだが、何を教えたら日露戦争を教えたことになるのかがいまいちピンとこない。世界に与えた影響が一番ダイナミックで面白いと思うのだが。

 

「教師がわかっていないと、生徒は混乱する。」

我が師の言葉だが、きっと明日はこの言葉を痛感する羽目になりそうだ。。。