たのしい教師生活

高校教員4年目、地歴公民科担当。「たのしい」教師生活にするべく日々奮闘中。

「わからなさ」を大切に

土日のどちらかで出勤して教材研究をしようと思ったが、結局両日とも家に引きこもってしまった。

ゴールデンウイーク明けから、7時出勤・20時30分退勤が常態化している。部活がほぼ活動していないから土日は休めているが、それでもしんどい。

かろうじてアスパラと舞茸を炒める。料理をすると、なぜか気持ちが楽になる。

 

先週は、自分がよくわかっていないことを教えても生徒は混乱するだけ、というのを痛感した1週間。

「政治・経済」の授業を経済から始めたのは、ある意味正解だったかもしれない。ここまでわからないことが多かったとは思わなかった。

職場の再任用の先生が「俺、もっと勉強しないとなー」と言うのを聞いて、いつまでも「わからないこと」を見つけられることは教師の職能において重要なものだろう、と思う。「わからなさ」を追究するなかに、いい授業が生まれてくるはずだから。

インセンティブ

授業は2コマ連続のNIE。

「今村大臣辞任」のニュースについて、トクダネとミヤネ屋を見せた後に新聞1面記事の読み取り。

思いのほか熱心にやっていた。新聞を読める、というのはインセンティブになっているのかもしれない。

 

今日は仕事の歩留まりも悪く、もっぱら生徒情報の交換。これはこれで、後々生きて来るはずだ。

 

明日の授業は「日本の原子力発電」。震災から6年、「福島第一原発の問題」と言ってもピンとこなくなってきた生徒たちに、少しでもわかりやすく伝わればいい。

 

 

福島第一原発廃炉図鑑

福島第一原発廃炉図鑑

 

 

なんてこともない

今日は、NIEの授業が2コマと倫理。

NIEの方は、一人一つずつ新聞を渡し、それぞれの面の見出しや簡単な内容の要約。夢中になって50分取り組んでいた。「ホンモノ」と出会わせるのは、やはりいい。

 

倫理はプラトンの思想。イデア論は「そんなものあるわけないじゃん」という生徒のつぶやきを拾いながら。と言っても、自分がよくわかっていない(納得していない)で説明しているので、それが伝わってしまう。生徒が混乱してしまったかもしれない。

 

ホームルームは、生徒総会の議案書審議。予算案のあたりで少し盛り上がる。「君たちの意見は思っているよりも『ごもっとも』だから、口にしてみるといいよ」とコメントする。

 

放課後は職員会議、教材研究。

自習に来た生徒に対応しながら、理系進学者指導の難しさを感じる。4単位の「化学」「生物」は、現役生にとってハードルが高いように思う。

進学校は、そこらへんの教育課程を上手にやっているのだろうが、「科学と人間生活」を置いている本校では、まったくうまくいっていない…

 

遅くまで残っていた先生とカレーを食べに行っておしゃべり。愚痴を言えているうちは、まだまだ大丈夫だろう(言えなくなったときは…)。

 

家に帰ってきて読書。迷ったときにはこの本に帰ってきてしまう。

「教えられてしまうことはつまらないことなのである。」

藤岡信勝『授業づくりの発想』日本書籍, 1989, p.48

朝、7時に目覚めるも二度寝してしまって10時。起きたら頭痛がしたから、充実感はあまりない。寝すぎだ。

起きて床屋に行くも予約でいっぱいで入れず。

 

書店で原発関係の本を買い漁る。

現代社会」のプリントで「あなたが原子力発電について知っていること、わからないこと、疑問に思うことを書いてください」という設問をつくったら、

・教科書にある「福島第一原発の問題」とは具体的に何か

・絶対に原子力発電でなければいけない理由はあるのか

放射線は取り除けるものなのか

地震やテロの危険があるのに原子力発電をやめないのはなぜか

・6年も経っているのに除染作業をしているのはなぜか

原発のゴミはどこに捨てているのか

…他多数。

これにすべてお答えするには、自分が勉強するしかない。

 

夕方には学校へ。記述模試を受けた自分のクラスの生徒と面談。

あと10ヶ月、どうなることやら。

 

夜は先生方でバーベキュー。後ろ向きな話が多くなる。前向きな話ができる日は来るのか…

ようやく終わった

週21コマ(+宿泊研修校歌指導講師)生活が終わった。

定時で帰ってマッサージを受け、中華料理を食べて、友人と電話で話をする。

ほっとした。

 

今週の発見。週21コマも入っていると気合たっぷりの授業はできない(へばっちゃうから)けれど、肩の力が抜けてちょうどいい感じの授業になる…こともある。

1週間の幕開け

今週は、宿泊研修に行く先生の代講が入ったために週21時間。木曜日に至っては6時間中6時間授業で、そのあとに宿泊研修で校歌指導の講師。なんとも殺人的…(笑)

 

やりたいことはたくさんあるのに全然手が回っていないこの感じ…切迫感があまりに強すぎて、どんどん病んでいる気がする。生徒に思わず強く注意してしまいそうになるのをぐっとこらえる。「生徒の前に出るときは笑顔で」と思い、実際に「ニコッ」とした顔を作るだけで、ちょっと気持ちが軽くなる。

 

今年度、板書でやる授業は1つだけにした。残りはプリント。プリントの最後に、「今日の授業でわかったこと、疑問に思ったこと、調べてみようと思ったこと」というコメント欄をつけてみた。
そのコメント欄を読むのが、このささくれ立った日々の癒し。「あぁ、こういう伝わり方するんだなぁ」と反省したり、鋭い指摘から次の授業の構想が浮かんだり、「先生の説明はわかりやすいですね」というコメントにありがたさを感じたり…

 

なんか残り4日、乗り切りたい。

ようやっと

ようやく一週間が終わった。学年の先生方と早くも打ち上げをした(笑)

 

今日は3年政治・経済の授業。資料集にあった「経済学の十大定理」(マンキューによるもの)から、トレード・オフ、機会費用、「限界的」、インセンティブについて紹介。

「デパートが24時間営業しない理由」「固定給と歩合給、どちらがより働くか」などをグラフを書いて考える。生徒にとっては「社会科」の授業でグラフを書いて考えるのが新鮮だったようだ。

次回からは経済学史。アダム=スミス、ケインズマルクス(社会主義)を解説して、経済学習のイントロとしよう。